レンタカーの返し方

レンタカーを返却する際は時間に余裕を持つ

沖縄旅行をする際に必須なのが、車です。レンタカーを借りる旅行者も多いのではないでしょうか。借りたはいいけど、返すときはどうしたらいいの?という疑問を持つ人に、レンタカーの返し方について注意すべき点を説明します。レンタカーの貸出の際、飛行機の出発時刻の2時間前の返却を案内されますよね。沖縄では移動手段として車移動が多く、昼夜問わず渋滞しています。更に旅行者が多い沖縄の空港周辺、空港内も常に混雑していて、搭乗手続きにも時間がかかります。つまり、レンタカー会社は飛行機に乗り遅れないように、2時間前の返却の案内をしているのです。レンタカーを返す際には時間に余裕を持って、飛行機に乗り遅れることのないように手続きを取りましょう。

ガソリンを満タンにして返す

レンタカーを返す時は、営業所の近くのガソリンスタンドで満タン給油をしてから返却するのが常識です。その際、注意すべきことがあるので覚えておきましょう。レンタカー会社によっては、ガソリンスタンドの指定があり、セルフのガソリンスタンドが禁止されている場合があります。貸出の手続きをとる際に、レンタカー会社によく確認しましょう。また、ガソリンを満タンに入れたことを証明するためにも、領収書はなくさずに必ずとっておくようにしましょう。もし満タンにせずに返した場合は、走行距離を見積ってガソリン代を請求されますので、支払う必要がでてきます。実際に満タンにした場合の金額よりも割高で請求される場合が多いので、きちんと満タンにして返すようにしましょう。

各旅行代理店でも様々なツアーがある与論島の旅行は、東京からなら3万円代で行けます。百合が浜のヨロンブルーの美しさを眺めて身も心も癒されますし、お洒落なカフェやバーも賑わっています。